川西能勢口教室 山下教室 オンライン個別指導コース 高校生コース
山下教室072-786-6342 川西能勢口教室072-755-3105

ブログBLOG

記憶や感情と脳の関係

こんにちは。

川西市の個別進学塾ipsim(イプシム)です。

川西市と猪名川町の皆さんへ勉強で 役に立つ情報をお届けします!

今回は、受験や定期テスト前に覚えておいてもらいたい、

記憶のコツについて、ご説明します!

 

脳は大きく4つに分けられている

 

 

 

このブログの内容について、中田敦彦さんのYouTube大学の内容を

引用させていただきました。

 

【脳①】記憶や感情は脳の中でどうやって作られるのか?

 

【引用:中田敦彦さんのYouTube大学】

 

非常にわかりやすく、興味深い内容でしたので、

ご紹介したいと思います。

 

人間の脳には4つの役割があります。

まずは大前提として、左脳と右脳これはよく知られた内容です。

左脳は、言語などを司る脳、右脳はイメージなどを司る脳です。

これは一般的によく知られています。

それ以外にも脳は、

・大脳皮質

・辺縁系

・基底核

・小脳

の4つの部屋があります。

 

その中でも、人間的な脳である、大脳皮質が、

記憶や感情を人間的に処理する場所だそうです。

色々な判断をする場所が「前頭葉」という場所です。

 

それでは記憶についてお話を続けたいと思います。

 

記憶ってどうやって作られるの?

 

 

勉強の中で特に大変なのが、勉強したことを記憶をしていくという作業です。

 

記憶は、辺縁系の中の「海馬」という場所で覚えて、大脳皮質に

書き込んでいきます。

 

この「海馬」という場所は、鍛えることができるそうです。

そして、記憶というのは、短期記憶から長期記憶にするのは、

何度も反復することが大切だと言われています。

 

つまり、何度も同じことを繰り返すことで、記憶が定着します。

例えば、適当な数字を5桁くらい一瞬で覚えたとします。

これは、1時間もしないうちに忘れてしまいます。

 

これを「ワーキンングメモリ」というそうですが、このワーキングメモリ、

海馬で記憶するのではなく、大脳皮質で処理するのです。

これはすぐに忘れるように出来ているそうです。

 

記憶というのは、脳に定着させるには、反復の方法が一番です。

 

ずっと記憶しておくためには睡眠

 

海馬で覚えたことを忘れないためには、反復が一番ということですが、

脳は、起きている間、すごい量の情報を処理しています。

 

それを頭の中で整理して、保存する行為が、「睡眠」です。

睡眠を取ることで、記憶がそのまま冷凍保存のように新鮮に保存されます。

つまり、テスト前に夜、記憶したあとで、ゲームなどをしてしまうと、

せっかく勉強したことが、消えてしまうというもったいない状態になります。

テスト前に記憶したら、そのまま寝るというのが、一番効果的だそうです。

 

記憶や感情と脳の関係まとめ

 

脳と上手く付き合えば、効率的に記憶の量を増やすことが出来、

質の良い暗記が出来流ということが分かります。

これから定期試験前などに是非すぐに取り入れらる内容なので、

是非試してもらいたいと思います。

 

 

川西マガジンさんのipsim取材記事はこちら

 

<LINE公式アカウントで簡単に質問やお問い合わせができます>
川西市、猪名川町地域の受験・勉強情報などを配信致します。
友だち追加ボタンより、追加をお願い致します。

友だち追加

兵庫県川西市(山下駅、川西能勢口駅)・猪名川町の個別指導塾
個別進学塾ipsim(イプシム)

【川西能勢口教室】
兵庫県川西市小花1丁目4-11 S.I.BUILDING 5F

【山下教室】
兵庫県川西市見野2-35-6米田駅前ビル2F

 

 

 

 

多田桜木教室 〒666-0124 兵庫県川西市多田桜木1丁目8-6プラザ多田3F TEL.072-786-6342

川西能勢口教室 〒666-0015 兵庫県川西市小花1丁目4-11 S.I.BUILDING 5F TEL.072-755-3105

山下教室 〒666-0105 兵庫県川西市見野2-35-6米田駅前ビル2F TEL.072-786-6342